グリストラップはなぜ必要?

まずは結構みなさま思っていらっしゃるのでは??と思う「なんでこんな面倒くさいもん、つけなあかんねん!!」ということについて少し。

最初に、「水質汚濁防止法」というものがあってこの中の第138号で1971年に施行されたものにレストランやホテル、食堂、給食センターなどの全ての業務用厨房から排出される汚水は直接、公共の下水に排水するのではなく浄化槽の阻集器で浄化してから排出するということが義務付けられています。

そしてこの阻集器のことこそ油(グリス)を堰止める(トラップ)ということで『グリストラップ』というものなんですね。

こういうことから全ての営業用調理施設には、油脂等を分離するための阻集器(グリストラップ)を設置することが事実上義務付けられたわけです。